Xbox360にて『Trusty Bell〜ショパンの夢〜』体験版が配信されていたのでとりあえずダウンロード。

遊んでみると戦闘中の曲がめちゃ『バテンカイトス』だったため検索をかけてみるとどちらも桜庭統が作曲しているらしい。

んで、2つとも製作がトライクレッシェンド。『バテンカイトス』に関してはモノリスソフトと思っていたのでショパンの夢と結びつかなかったのだけれど、そう言われて見てみるとカメラで撮って時間経過にて現像、ステータス画面での必殺技のアイコンが似たデザインだったりと『バテンカイトス』を思わせる部分もあるように見えてくるから不思議。まぁなんと言っても戦闘中の曲が。マグナスを選択しろと言ってくるみたい。

posted by tyakkue at 21:59 | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友人たちとクエに行く機会がなかなか発生しなかったので、ポリタン作るために電撃のイベントを何回か行ったり、ラージャンを狩ってみたり。ラージャンに時間いっぱい要してしまったところを見るとdosで狩るのはもう無理そう。

それ以外では一人でやらざるを得ない教官との特訓をこなしておりました。つまづいたのがティガレックスでの大剣とガルルガでのランス。ティガの笛はまんま2ちゃんねるの訓練所クエの方法をとってしまったので苦労はせず。

大剣に関しては振り向きに合わせてタメに変えたらなんとか。ダメージ量を増やせた事で怒ってからの被ダメを減らせたのが良かったみたい。

んで、ランス。ティガレックス戦での無敵ぶりにオイラでも使えるんじゃないかと思ったのもつかの間、ずっとガルルガのターンのように振舞われてしまい正直しんどかった。武器出す度にどつかれていたようなもので正直ランスの立ち振る舞いは分からない。他にもサマーソルトや火球の動作をぽけーと見てしまってガードの上から削られるのなんかはもうどうにも。立ち振る舞いの問題なんだろうけど見当がつかない。

タグ:MHP2
posted by tyakkue at 22:38 | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOST REGNUMの方は若干力尽きてきました。5周もやったら飽きた。もう一回り済めば精進洞という事で時間は空くかもしれないけれど、ぽちぽちと頑張ってこうかと思っております。

んで、再帰したMHP2。未だ上手く立ち回れないハンマー担いでクエをこなしています。蒼ラオの腹の下でタメ2振り回していたら画面動きまくりで酔ったり、相変わらずのティガレクスの即死コンボにPSP放り投げ捨てそうになりながらもなんとかHR6へ。とりあえずハンマーを揃えるあたりを目標にしようかな。

posted by tyakkue at 21:50 | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーマンが語るゲームの今! 進化するゲーム・ビジネス / デジタルARENA

引用ばかし。ただ、重ねればオイラの興味関心が出てくるのではと思っております。

あらかじめ感想を言えば、プラットフォームや展望に対する見解はそれほど異ならないのだなと思ったり。それを実現する手段では違いが否応なく現れてくるんだけど。

この二つのタイトル(※注)が売れたことは、うちだけではなくゲーム業界にとっても大きな意味があります。それは「DSで本格派ゲームが売れる」ということを初めて証明できたからです。

※注:『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』と『ファイナルファンタジーIII』

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index4.shtml

それだけではなく、新作のヒットももっと増えるようになりますよ。“パッケージソフトの売れ行きに陰りが”なんて話が出てくるのも、端的に言えば現状の流通ではゲームの中身がわからないからなんです。

(中略)

でも、ネット経由でテストプレイをダウンロードして、“お試し”ができれば、その不安は解消するでしょう。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index4.shtml

ただ、今は次世代機が立ち上がる過渡期ですので、多くの若手には移植版で経験を積ませるようにしています。新規でそれなりのタイトルをやろうとすると、2〜3年かかりますが、移植ものは“お手本”があるので、半年から1年で経験を積めますからね。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index4.shtml

スクエニ。リメイクラッシュに対して。固定ファン向けにしっかり集金を行っているようにも思えるが、こういう意図もあるらしい。

PS3向けソフトの市場はいっそうのグローバル化が進むと見ています。そこで、ソフト開発は海外の関連会社と連携しつつ、海外市場を強く意識しながら進めています。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index8.shtml

コーエー。非アジアの海外展開を意識しているのがなんとコーエー。

コンソール(据え置き型)ゲーム市場は、2割のゲームが8割の売り上げを占めるようなパレート理論的傾向が顕著になっていきます。すなわち、一部の売れ筋商品だけが突出した“ヘッド市場”になっていくわけです。ここで消耗戦を繰り広げるだけでは、企業の成長戦略としては不十分なのは明らかです。そこで、ロングテールの市場――すなわち、Web上に進化するオンラインプラットフォームを創造することが必要だと考えました。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index12.shtml

テクモ。

このベスト版が売れているという事実は、非常に重大な意味があります。つまり、これまで『龍が如く』をプレイしていないユーザー層を新たに掘り起こした、ということなんです。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index16.shtml

セガ。カプコンでも同様の発言が。

しかし、Wiiの国内普及台数が130万台以上あるにもかかわらず、『ゼルダ』は40万本程度しか売れていない。

2月にも、任天堂の有力タイトル『ファイアーエムブレム』の新作が出ましたが、リリース第1週の売り上げは、二けた(=10万本)に届いていないんです。

一方、北米では『Wiiスポーツ』はハードに同梱なので、トップで当然ですが、その次に売れているのが『ゼルダ』で90万本以上。欧州でも70万本くらい売れている。つまり、『セルダ』は日本だけがハードの台数の半分以下の売り上げという状況なんです。

これを見ると、国内市場では任天堂さんの看板タイトルでさえ、Wiiの所有者に対して訴求力がない。逆に言えば、任天堂さんは、Wiiの販売においては、全く新しいユーザー(=従来のゲームらしいタイトルを買わない新規ユーザー)の開拓に成功したと言えるのかもしれません。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index33.shtml

そうなると、本当に勝負できるのは『ドラゴンボール』シリーズがメーンになります。『NARUTO』も欧米で立ち上がってきましたが、現状ではPS2向けタイトルの北米セールスが1タイトル当たり40〜50万本くらい。『ドラゴンボール』の最盛期は140万〜150万本くらいいきましたから、まだそこまでの規模には育っていません。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index35.shtml

そういやハリウッド版のドラゴンボー(ry

ナムコは『鉄拳』や『リッジレーサー』シリーズをはじめ、『ソウルキャリバー』『エースコンバット』など海外で受けるタイトルが多いんです。事実、海外での売り上げ本数が国内を上回る作品も少なくありません。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index35.shtml

バンダイナムコ。この認識は合併前から持っていただろう。

PS3の普及をドライブするタイトルは現在限られていると見ています。そのうちの1つが『MGS4』でしょう。ただ、我々としては、ハードの普及時期と他のタイトルとの発売時期を見ながら『MGS4』の展開を考えたい。

――では、普及をドライブさせるタイトルは、いつごろ出てくると思いますか。

各社ともに今年の年末になるでしょう。やはり、年末のクリスマス商戦が一つの山となり、その後、2008年の1〜3月あたりで、有力タイトルがしのぎを削る状況になっていくと見ています。

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20070207/120802/index40.shtml

コナミ。カプコンの見解を踏まえて。

ベスト版や市場の認識、ソフトの発売時期、似通ってくるのは当然と言えば当然だがやはり面白い。引用しなかったメーカーが二つあるけど、一方はたまたま。もう一方はほとんど感心がなかったせいだろう。

posted by tyakkue at 23:24 | TrackBack(1) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえずストーリーモード(ノーマル)をクリア。

以前買い物した際のamazonのギフト券もあるし買っとくべ程度だったのだけれどおもろかった。

始めた当初はMHのノリで「殴る→側転」がRボタン+アナログパット+×ボタンなんてできるかこんちくしょう、回復足らないべと思っていたのだけれど、敵の束から抜け出す事を意識するよりも、一対一の局面を作り通常攻撃からスキル攻撃に繋げて一匹ずつ消していく事を意識していったらなんとかなった。

もっときっちりダメージを与えられて、なおかつタップも駆使できれば戦い方も随分違うのだろうな。立ち回りが悪い上に、支給のいやしの実だけでやりくりしていたから影牢みたいに罠の周りをぐるぐる逃げ回ってりもした訳で、テクニックの向上余地がかなりある。ボタンがちゃ押しだからね。

もう話の先はないけれど、続けてこうかと思っております。

タグ:LOST REGNUM
posted by tyakkue at 23:00 | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。