基本的にオイラ、すこぶるジャンプっ子で他の少年誌に目を通していなかったのだけれど、どうも最近読む物が狭まっている感じがするため他の2誌も見ることにしている。良く買い忘れるけれど。

ぽちぽちとこう他の2誌を読んでみると、結構楽しいものもあるものだと面白く読んでいる。

中でもマガジンの『ぼくらの戦国白球伝』はおもろい。食いついた。

あらすじは戦国時代へとタイムスリップした主人公が戦国大名たちと野球で戦うと言うお話。ストライクを「襲斗来苦」、ホームランは「葬乱」。この当て字を見て分かるとおり、要はおバカな野球コメディなのだが、この民明書房テイスト漂う馬鹿さ加減が楽しい。

ただ、おそらくはスプリンターなマンガだろうから今のうちに楽しまなければいけないだろう。もっとも今週号の武田方の計略を見るとオイラの狭い想像力より作者の幅の方が随分広いのでまだまだ余裕がありそうな気もするが。
posted by tyakkue at 21:06 | TrackBack(0) | comic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。