注意;マンガの内容もろネタばれですので、気にされる方は先にマンガを読まれてからお読みください。:


石川雅之『もやしもん』(講談社)と『人斬り龍馬』(リイド社)を回収。

今回は『もやしもん』の感想を。

『週刊 石川雅之』の際にはどう面白いのか表現するのも難しかったが、こちらは単純だ。素直に面白い。

石川雅之『もやしもん』(講談社)P206まず菌などの小さな生き物たちがかわいい。特に菌たちがあちこちに登場し始め、主人公たちの行動に反応したり話しかけてきたりする5話以降はすこぶる楽しい。殊に乳酸菌が主人公に説教したり他の乳酸菌に関心したりする11話(左図参照)は自然と顔がにやけてしまう。仮に自分が風邪を引いたとしてもそりゃウィルスもかもしたくなるだろうと許してしまいそうだ。

そしてコマの動きが楽しい。例えばP118-120のホンオフェを食べた各人の反応や、P172のちまちま後ろで動いている美里など、『週刊 石川雅之』の第5話でも使用していた方法だが少しずつ時間が進み各人が行動する様は面白い。また、それとは少々毛色が違うがP178の1ページかけての説明を一コマで叩きつぶす長谷川(P179)は少々意外だったがこんな方法も使えるのかと少々感心した。

最後に回してしまったが話も面白い。第一話のいかにも死体かと思わせてからのひっくり返しは作者らしい楽しみがあるし、その後の始まったばかりの学園生活もこんなに大学って楽しかったかなと思ってしまうぐらい。ふと考えてみると、結城の設定など暗くなる話もあるはずなのに、ここでの学園生活は楽しい。

とまあA・オリゼーらのかわいらしさだけでも既にもうクラクラきてしまうのに、さらには話まで面白いので当分連載が続きそうで本棚の空きスペースの心配をしなければいけなそうだ。


ところで、11話欄外の結城蛍の人物説明のところに「読者の方から女?と訊かれました」と書いてあるがそれは自分も思った。だって目が二重にサイドに睫毛書いてるの女性だけじゃん。似たような系統の隆史だってバス停のお兄さんだって付けてない。
posted by tyakkue at 01:43 | TrackBack(2) | comic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

かもすぞジャパン!
Excerpt: かもして増やせ!「かもすぞジャパン」賛同します! 石川雅之氏の「もやしもん」が5月23日発売になりました! 講談社より第2/第4火曜の月2回刊の「イブニング」に好評連載中の 「もやしもん」が..
Weblog: かもすブログ
Tracked: 2005-06-08 19:48

もやしもん/もやしもん
Excerpt: 「もやしもん」 に関する流行を追いかけよう!もやしもん に関するいろんなものを集めてみました! もやしもん に関する情報をゲットしよう! もやしもん 関連のアイテム もやしもん(1)559 ..
Weblog: 話題のキーワード
Tracked: 2007-10-12 04:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。