neko.png
(画像はR25)

4/1という日付からかAdBlockのアイコンが肉球に変わり、広告画像が猫だらけに。


ヘルメット被ってる猫など見慣れた画像も混ざっているため、半ばカオスな状態に。

画像が大きければ大きいほど違和感も大きく、むしろこの状態の方が広告に目が行くな。
posted by tyakkue at 23:58 | TrackBack(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Microsoft Office OneNote 2010 - amazon
タイトル:Microsoft Office OneNote 2010


元々2000年ごろにあったような個人ニュースサイトのような使い方をすることが多く、はてブのようなweb上にあるものの場合ネガティブな感想は書きにくいし、大量の引用は適さないし、仮にそれらをクリアしたとしても他人の顔写真が映るようなプライベートの日記は上げることができないので別途用意する必要があった。

そのため「全てを記録する」evernoteは人の目を気にしないで、見聞きしたものの記録と生活の記録が併存できるため自分の思ったものを記入していくのには適しているように見えた。

ところが2008年ぐらいからevernote(windows版)を試してはやめ試してはやめとどうも自分の使い方としてはなじまないところがあった。というのも

・ネットや本の引用文と自分の一言コメントが区別しにくい
・貼付けた画像のリサイズが面倒

2つの理由でなかなか利用できなかったからだ。



・ネットや本の引用文と自分の一言コメントが区別しにくい

基本的に以前の自分が面白いと思ったネットの記事や本の記述は今でも面白いことが多い。はてなブックマークのようなサービスでは面白いと思った中身まで保存することはできない。外部に公開しないevernoteの場合必要なところを大きく引用することができる。

引用文と自分の感想はインデントを増やしてみたり、斜体に設定したりとためてしてみたがどうもしっくりこなかった。インデントしたものに対して囲みを行えば区別できるかなと思う。

特に自分の場合、地の文よりも引用文の方が圧倒的に多くなってしまう。だが自分にとって大事なのはどう思ったかの自分のコメントなので分かるようにしたいという思いがあった。

〜one noteの場合〜

1.jpg


引用文に続き地の文を書いてしまうとほとんどevernoteと同様の理由で見づらくなってしまうが、横に配置すれば特にデコレーションすることなく分けることができる。現在は左に自分の感想や日記、右に写真や引用文としているが紙を机の上に好きに並べることができるように自由に配置できるのでまた配置は変わるかもしれない。



・貼付けた画像のリサイズが面倒

デジカメの写真などは2736*2736などモニタサイズより大きな画像で貼られているためそのまま貼ってしまえば一言面白かったと書き添えたいだけなのに大きく画面を取られるため非常に視認性が悪くなる。そのためサムネイルサイズで充分な場合、予めリサイズを行ってevernoteへ記録する必要がある。


〜one noteの場合〜

2.jpg


office製品のようにリサイズができるのでそれは快適。




・one noteのデメリット

自分の場合その2点がなじまなかったが、何を優先するかによって便利か不便かは変わってくる。

例えば情報カードの用に一つのノートに一つの事柄しか記録しない場合、onenoteよりもevernoteの方が適しているだろう。onenoteは一覧表示やサムネイル表示などがなくテーマごとにセクションを分けて作ってしまえば時間軸にて見ていくことができないし、時間軸に沿って単に書いていくとタグなどもないので一つのテーマに対してまとめて見ることができない。

乱暴に言えば、配置が自由にできるword、またはホワイトボードにカードを並べるようなものだ。(KJ法のような使い方ができるかもしれない)



また他のwebサービスをRSSなどで取得して全てを撮りためる形ににもならない。そのためそもそも「全てを記録する」には適さない。



・その他

Adobe acrobatがインストールされている場合、PDFにもノートブックごと、セクションごとに出力することができる。

3.jpg


はてなダイアリーブック - はてな
https://www.hatena.ne.jp/info/hatenadiarybook


はてなダイアリーに本を出力できるサービスがあり、それを見た当時羨ましく思ったものだ。ただ自分のコンテンツよりも他人のコンテンツばかりなので紙に出力するのは非常に憚られるところだがデータ形式ならそれは問題とはならないだろう。

またiphone版に続きandroid版もリリースされwindows pcの前にいないと参照することもできない状態からも開放された。



*まとめ

twitterなどの他のサービスなどのデータを全て取り込んで記録しておくのには自動化できるevernoteの方が便利だが、レイアウトの変更に難がある。そのため1日1ページと日記のように記録を付けている場合、onenoteの方がレイアウトの変更の自由度が高い。最近ではandroid版もリリースされwindowsがなければ見ることもできない状態でもなくなった。evernoteがなじまない場合、またライフログを行なっているのではない場合、onenoteが代替として一つの選択肢となる。
posted by tyakkue at 14:15 | TrackBack(0) | PC>onenote | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定金 伸治『ジハード1 猛き十字のアッカ』集英社 - amazon

タイトル:ジハード 1 猛き十字のアッカ
作者名:定金 伸治
出版社:集英社文庫

中学生の頃ジャンプノベルで読んで以来のため随分懐かしく読んだ。

当時の友人がヤンだと言っていたが確かにヤン・ウェンリーのようだ。ただ今にして思えば、冴えない見た目で覇気がない人物が実は高い能力を持っているとの設定は一種のジャンルのような感もあり受け入れやすいキャラクター設定だろう。

印象に残ったのは作者あとがき。

  • 一話百枚の間に必ず一度は大規模な戦闘を描く
  • 登場人物同士の楽しい掛け合いを必ず入れる
  • それぞれの登場人物にそれぞれの能力を設定する
と言った縛りが編集部よりあったそうだ。当時の集英社の青少年向けの文庫と言うとコバルト文庫またはスーパーファンタジー文庫などだが、そのノウハウをジャンプノベルズにも回したと言うことだろうか。

文庫化に合わせて加筆・集成があり、まずカバーイラストが文庫らしいイラストに変更になっている。山根和俊のイラストはまた懐かしいのだが…

また登場人物を2人追加したとのことだが誰だかさっぱり分からず。どの人物も元々いたような気もするし、いなかったとしても納得できる気がする。案外記憶にないものだ。記憶にないと言えば、エルシードの体型も元々この設定だったか、ノベルズのイラストに引っ張られた記憶なのか自信もない。

思い出の本を読むと言うのはなかなか折り合いがつけにくいものだ。

posted by tyakkue at 11:11 | TrackBack(0) | 本>小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026
エルゴトロン

24インチのモニタスタンドが大きかったことと、椅子にふんぞり返って見る時にモニタを近づけたいと思っていたのでLXアームを購入した。上海問屋のものも考えたけどセカンダリの電源を最近あまりいれていないので1本使えれば良かったのでこちらを購入。

R0011813.JPG
取り付けはモニタスタンドを取り外すのに若干苦労しただけですんなりと行えた。メーカの仕様書を見るとスタンドを取り外した時の重さが8.9kgで特におじぎせずに利用できている。

R0011817.JPG
取り付けた副産物として、紙−キーボード−モニタを縦に並べられるようになったことがある。奥行き80ないと難しいかと思っていたけど、現行ままでも利用できそうだ。

写真を見るとケーブルの片付けも行わないとね。

タグ:LXアーム
posted by tyakkue at 14:52 | TrackBack(0) | PC>モニタアーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、読んだ本に内容をほとんど覚えていないことをどうにかしたいと思い、情報カードやPCへの入力を試したりしてみている。ただ、抜き書きを行う場合細かい文節には興味を持つが、本全体が何をあらわしていたかとなるとぼやっとして理解できていない感じもする。

読書は細部について印象を残すのではなく、全体としての作者の主張を理解してこそ本を読んだと言えるとの主張からすればあまり好ましいことではなさそうだ。

「字面をいくら目で追ったとしても、あらすじや要約が言えないようでは、読書をした効果が薄いからだ。要約できることを読んだことの条件にすることによって、いつでも要約できるかどうかを自問するようになる。「で、どういう内容だったの」と人に聞かれて、かいつまんで内容が話せるようであれば、他の人にも役に立つし、自分の読書力を向上させる目安になる。」(p19)

斉藤孝『読書力』

しかし、単純に自分の知らないことだったり、同意したいところや、感心したところ、反論したい部分など、その文に対して興味を持った部分とそれに対してどう思ったかを何とかして書き留めたい欲求が強い。

その手の抜き書きは作者の流れに沿った読書と言うより、自分が自分の興味関心に沿った部分での読書と言える。

「すると、わたしは本をよむのに、じつは二重の文脈でよんでいることになる。ひとつは著者の構成した文脈によってであり、もうひとつは、わたし固有の文脈によってである。それはまったくべつのもので、一本にはならない。(p112)」

梅棹忠夫『知的生産の技術』

梅棹忠夫は面白いことに、読書ノート(この場合読書カードだが)をつける場合、著者の文脈は本を読み返せば良いのだからそれは記録せずに、わたしの文脈にて傍線を引いた箇所が自分にとって大事なのだからそれを記録するという。

呉智英の「断片的な知識・ターム」や「自分の見解」を読書カードへ記録するのもほぼ同様の意図のためだろう。(古本屋に売る可能性がある本は傍線を推奨しないけど)三色ボールペンの場合も色事に様々な文脈で線が引かれることとなる。

それは時間をおいて後から読んだときに以前の自分がどのように読んだかの補助となる。

「十年後、二十年後に読み返したときに、発見があったり感慨をもよおしたりしやすい。誰でも自分が線を引いた本は、あとから否定するにしても、関心を喚起するものだ」

斉藤孝『読書力』

ただ一方で、自分の本でないもの、自分から手放す可能性が高いものに対して書き込みをすることを好まない向きも強い。

「汚れた本の場合は、汚れに応じて安くなる。将来、本を売る場合のことを考えて、無意味に本を汚すことはやめたほうがいい」(p182)

呉智英『読書家の新技術』

基本的に傍線や書き込みは本の汚れとして扱われ、次に読む人にとって好まれないから相場としても落ちるということだろう。呉智英の場合は下取り値が下がるからやめたほうが良いとの穏やかな諭し方だが、図書館の本の場合、公共のモラルなどからの観点で主張する人もいる。

ところで、仮に図書館や古本屋でその傍線の入った本を読んだ場合、わたしはどんなふうにそれを読むのだろう。

自分が人の傍線を見た場合を考えてみても、唐突な箇所であったり、あまり大事そうでないところに傍線が引いてあると意味を理解するのに一瞬立ち止まってしまったりして、好まないようにも思える。流れを阻害する要因となる。

それまでぼくは本に線を引いたりすることはしなかった。父が俳句全集の気にいった句にマーキングをしたりしているのを見ると、むしろ邪魔なものを感じて不愉快だったのだ。

松岡正剛の千夜千冊『哲学ノート』レーニン
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0104.html

ところがそうでない場合もある。注釈として傍線や書き込みが後学者の補助となったり、当時のどのように受容のされたかの資料となったりする場合だ。

「古い洋書を読んだことのある人なら知ってると思うけど、それら洋書の1ページの印刷には、ものすごく広く欄外(マージン)が取ってある。これは空白部分を多く取ることでページ数を増やして儲けてやろう、という嫌らしい商売根性があったわけではない。読者が欄外に注釈を書き込むことを想定して空けてあるわけ。実際、大学の古い本には、先輩たちの注釈やら書き込みがある本がけっこうあった。そうした書き込みがされた本は、それ自体が貴重な知的な財として大学の図書館の価値になっていた。あと、イスラム教の聖典コーランの印刷されたものも、この形式をとっているのを見たことがある。オリジナルのコーラン本文のまわりをぐるぐる巻きに取り囲むように、後の僧侶や注釈者たちのコメントが印刷してある。だから、こうした知のあり方というのは、伝統的なものだと言っていいと思う。考えてみれば、難解なオリジナルの周りに学識あるコメントがついてるというのは実にありがたいものだ。

でも、今では、図書館の本に利用者がコメントを書き込むことは禁止される。」

FREE ANNOTATION いかに私がレッシグの議論をつかって日本の世論をコントロールするか http://orion.mt.tama.hosei.ac.jp/hideaki/freeannotation.htm

「アーサー・ケストラーは天文学の歴史を描いたベストセラー『Sleepwalkers』(日本ではケプラーの章だけが訳されている)で『回転論』を「誰も読まなかった本」と決めつけたが、書きこみがあるということは読んだ証拠である。しかも書きこみは宇宙論を述べた第一章ではなく、天文計算を解説した難解な第二章以降に集中していた。書きこみの主がヴィッテンベルク大学でレティクスの同僚だったエラスムス・ラインホルトだったことがわかると、ギンガリッチの好奇心に火がついた。ラインホルトが書きこんでいるなら、ティコ・ブラーエやケプラー、ガリレオも書きこみを残しているのではないか。書きこみを通して『回転論』が科学革命の渦中でどのように読まれ、どのような影響をおよぼしたのかがさぐれるのではないか。」

文芸評論家・加藤弘一の書評ブログ?:?『誰も読まなかったコペルニクス』 ギンガリッチ (早川書房) http://booklog.kinokuniya.co.jp/kato/archives/2010/05/post_196.html

「美濃部論文と天鼓生という署名の論文からここに引用した箇所は、じつは陸軍省整備局動員課長安井藤治大佐(のち中将、二・二六事件のとき戒厳参謀長、第二師団長、鈴木貫太郎内閣の国務省)が、自分の所持するこの二つの論文に、赤鉛筆で横線をひいた箇所である。安井大佐がなにを考えながらこの線を引いたのか、もちろんわからない。」(p71)

高橋正衛『昭和の軍閥』

注釈として傍線や書き込みが後学者の補助となったり、当時のどのように受容のされたかの資料となったりする。つまり、第三者の「わたしの文脈」も同時に読むこととなる。

同様に電子書籍をネットを経由して傍線、書き込みを共有しようという試みもある。

「閲覧文中のテキストをクリッピング(切り抜き)し、コメントを付けて他のユーザーと共有できる共有機能を提供する。共有は、“同じ箇所を閲覧した他ユーザーのクリッピングとコメント”がQlippyのサイト経由で自動的に表示される仕組み。ページをスクロールさせていくことで、新たなクリッピングとコメントが表示され、表示されなくなった箇所のコメントは自動的に消えていく。」

SpinningWorks、ソーシャルリーディングサービス「Qlippy」α版提供開始 :ベンチャーニュース:Venture Now(ベンチャーナウ)
http://www.venturenow.jp/news/2010/08/02/1807_008610.html

多くの人の書き込みを経た電子書籍が、後から読んだ人にとってその本を理解するための補助輪となるのか、ノイズとなってしまうのか、ニコニコ動画で例えるなら良コメとなるのか、弾幕のように埋まってしまってしまうのかはわからないが、肯定的に捉えるのならば、電子書籍でのコメントの共有はまさにこの読み方となるだろう。

参考URL:

本に書き込みすることに関する資料集
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/hon_kataru/katudou/021-b.html

あなたの本がニコニコ動画っぽくなる日/電子書籍で花開く次世代の読書文化 - デマこいてんじゃねえ!
http://d.hatena.ne.jp/Rootport/20100428/1272449677

知的生産の技術

タイトル:知的生産の技術
作者名:梅棹 忠夫
出版社:岩波新書

読書家の新技術

タイトル:読書家の新技術
作者名:呉 智英
出版社:朝日文庫

読書力

タイトル:読書力
作者名:斎藤 孝
出版社:岩波新書

昭和の軍閥

タイトル:昭和の軍閥
作者名:高橋 正衛
出版社:講談社学術文庫
posted by tyakkue at 11:37 | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。